有効性について

2014年5月19日 / 未分類

日本の森林面積と言うのは、約2500万ヘクタールあります。
そのうち、約1300万ヘクタールは天然林、1000万ヘクタールは人工林、約200万ヘクタールが無立木地や竹林などになっており、日本の国土面積に占める森林面積と言うのは、約66%になります。
この事からも、日本は先進国の中では有数の森林大国と言われているのです。

 

紫たまねぎ木などの植物は二酸化酸素を生み出す大切な役割を持ちます。
また、砂漠化してしまう事を防ぐなど、環境にも貢献しているのです。

 

所有している森林などの場所に、太陽光発電設備を導入する事で、電気を作り出す施設を作ることが可能になるわけですが、このような地域に発電設備を設ける場合には、民有林の開発の場合には都道府県知事等の許可が必要になります。

 

発電設備を設けるためには、木を伐採しそこに空間を作りだし、ソーラーシステムを導入することになります。
そのため、自然の破壊という事が起きる可能性が在ることからも、許可が必要になるわけです。

 

また、設置に辺り、専門家などにその地域での発電量のシミュレーションを行う事は大切であり、山の斜面の角度や日当たりなどにより発電量は影響を受けることからも、事前調査などが必要となるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る