適した作物

2014年5月26日 / 未分類

従来の発電方法を補うものとして、再生可能エネルギーである太陽の光を利用した太陽光発電の導入が全国で進められています。太陽光発電のユニットは他の再生可能エネルギーを利用した発電方法と比べて小型化できるため、一般の住宅でも設置が可能ですが耐震性や日照時間などの関係ですべての一般住宅に設置できるというわけではありません。そこで注目されているのが、農地の有効活用です。

 

赤かぶ01本来、農地は農業以外に転用してはならないという決まりがあります。しかし、農地に太陽光発電のユニットを設置することを認める農地転用許可制度が新しく設けられたのです。このことによって農地に太陽光発電のユニットを設置することが可能となりました。

 

農地には本来作物しか植わっていないはずです。そこで心配となってくるのが太陽光発電のユニットを農地に設置することによる農産物への影響です。太陽光発電ではソーラーパネルを敷き詰めなくてはなりませんが、それでは日光がパネルに遮られてしまい農産物が育ちません。そこでこの問題を解消するために取られているのがソーラーパネルの藤棚方式による設置です。農産物の生育に必要な日光を確保するために一定の間隔を空けることで農産物の栽培と発電の両方を行うことができるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る