農業活性化の可能性について

2014年5月26日 / 未分類

農地に支柱を建設して、畑の上に空間を作りだし、そこで太陽光発電を行うと言う試みが進められています。
これは農業と発電事業の2つを同時に進められると言うメリットがありますので、農業での収入と売電収入の2つの収益を得られると言うメリットがあるのです。

 

野菜01従来は、農地への太陽光発電設備のうち、支柱の基礎部分は農地転用になるとしており、許可が下りなかったと言います。
しかし、2013年3月に、農林水産省は、農地に支柱を立てて、営農を継続する太陽光発電設備についての、農地転用許可制度を公表し、農地転用を可能にしたのです。
これにより、作物を育てると同時に、太陽光発電を行う事が可能になったのです。

 

但し、これらには幾つかの条件が有ります。

まず、農地に建設する支柱は簡易的な構造であり、容易に撤去が可能な物である事です。
支柱の基礎部分は一時転用許可の対象であり、転用許可は3年以内としますが、問題が無い場合は継続して利用することが可能になる事です。
太陽光発電設備の下部分の農地は、適切な農業の継続が確実であると同時に、作物を育てることが出来る事です。
また、太陽光発電設備の下部の農地の単収は、同じ年の地域の平均的な単収と比較をして2割以上減収しないなどの条件があるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る