年1回の報告

2014年5月26日 / 未分類

2013年3月に農林水産省は、農地での太陽光発電における農地の一時転用を認めました。
この時、農地の一時転用を可能にするためには幾つかの条件を設けたのです。

 

赤トウガラシ農地の上に太陽光発電のソーラーパネルを設置するためには、脳裏に支柱を立てる必要が有ります。
この支柱は簡易的な構造であり、且つ、容易に撤去が出来ることが条件になっています。

 

これ以外にも、支柱の基礎部分は、一時転用許可の対象としており、3年以内と言う期間を定めています。
しかし、3年以内に問題が起きないのであれば、再び許可を下すことも可能にしています。

 

因みに、農地に太陽光発電の設備を作物の上に設置することで作物の生育に支障をきたすようなイメージを受けますが、ソーラーパネルを設置する場合は、スリット状に間隔を空けて設置することで、農作物へ光を供給することが可能になり、収穫を可能にしています。

 

但し、一時転用許可の条件の1つに、1年に一度の割合で、農作物の生産状況と言うものを報告する義務が設けられることになります。
また、収穫量が減少している場合でも、農地での単収と言うものが、同じ年の周辺平均単収と比較をした際に、2割以上減少しない事を条件にしているのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る