期待される効果

2014年5月26日 / 未分類

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは、二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー源として広まりつつあります。特に太陽光発電は発電した電力の買取価格が高いために、家庭や企業で取り入れるところが増加しています。

 

青トウガラシ家屋の屋根などに太陽光パネルに設置したり、閉鎖されたゴルフ場、耕作放棄された農地などの遊休地に太陽光パネルを設置し、発電した電力を電力会社に売電しているところが増えているのです。

 

特に農地は今まで作物を作っていた場所なので日当たりも良く太陽光発電に向いています。
2013年4月からは耕作放棄された農地だけではなく、営農活動している農地でも太陽光パネルを設置することが許可されるようになりました。太陽光パネルの遮光率は30%程度なので、光がさえぎられて農作物の生育が悪くなることはありません。農家は作った作物を販売することと売電することで二重に収入を得ることができるようになります。

 

TPPへの参加が決定し日本の農業を取り巻く環境が厳しくなっている現在、農地に太陽光パネルを設置して安定した収入を得ることができるのは農家にとって有益なことです。また日本のエネルギー問題を解決するためや環境を守ることにもつながります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る