光飽和点とは

2014年5月26日 / 未分類

農業と発電事業の併用が可能になると言う、営農型発電設備は、農地に太陽光発電設備を設けることでそれを可能にします。

農地の上に太陽光発電のソーラーパネルを設置することで、農作物の収益と太陽光発電事業の収益の二つを得られると言う事です。
しかし、ソーラーパネルを農地の上に設置することで、そこに育つ植物への光が遮られることになります。
そこで、一定の空間を設け、スリット状に間隔を空けて太陽光発電設備の設置を行う事で、一定の光量を与えることが可能になります。

 

松茸因みに、作物と言うのは、必要な量の太陽光だけを供給することで育成できると言われていますので、ソーラーパネルを設置しても、一定の光量を与えてあげれば良いのだと言います。
尚、この一定の光量の事を光飽和点と呼び、光飽和点以上の光を与えることで、光合成量は増大せずに、逆に強い太陽光は作物にはストレスとなるのです。

 

また、光飽和点以下になることで、作物の育成が悪くなることからも、光飽和点の見極めと言うものが大切なのです。

 

これにより、太陽光発電での発電事業と、農地での農作物の2つに利益を得ることが可能になることからも、このような事業に注目が集まっていると言われているのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る