導入するにあたって

2014年5月26日 / 未分類

元々は農地に設置することは禁止されていました。そのためか昔は設置するためには地目を変更しなければならず、更にそのためには書類の作成と承認を得るという複雑で手間と時間がかかることをしなければなりませんでした。

しかしそれも普及と農地法の改正により条件つきで設置することが認められるようになりました。

その条件とは設置することで農作業に支障が出ないようにしないことと、周辺に影響を与えないことです。

 

寿司実際にパネルを設置する際には架台というものを設置する必要があります。これの設置にはある程度の範囲が必要であるため、農業部分にも影響を出してしまうということは充分にありえます。それで架台を設置することで農作業に支障が出てしまったらそれこそ本末転倒というものですから、そしてこの条件のために国は支柱の基礎部分を一時転用許可の対象として3年間期間を設け、その際に周辺の農業に影響がないかを確認して、年に1回の報告も義務として農作業に支障が出ていないか、主にいえば生産量に支障が出てないか確認するといった対応を定めました。

 

もし農地に架台を設置するのならこのような条件と制限があることを忘れないようにしましょう。

 

それと同時に農作物にも様々な種類があって、それによっても架台を設置する際の影響の度合いが変わってくるので、自分が今何を作成していて今後もどのようなものを作成するかも想定して導入を考えましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る