3年ごとの審査

2014年5月26日 / 未分類

植物には光飽和点と言うものが在ります。
光飽和点以上の強さの太陽の光を与えても、植物の光合成量と言うものは増えるわけではなく、むしろ強すぎることで農作物に対し、ストレスを与えてしまい、育成に影響を及ぼすと言われています。

 

この光飽和点に着目して考案されたシステムが有ります。
これは農地での太陽光発電であり、農地の上部分に太陽電池を設置することで、太陽光発電事業と、農業の2つを併用して行えると言う利点があります。

 

朝食と女性従来、農地に支柱を立てることは、支柱の基礎部分が農地転用にあたるとして認められていませんでしたが、2013年3月に農林水産省は一時転用を認めるとし、指針を公表したのです。

 

この指針の中には、営農を継続する場合は、支柱の基礎部分について一時転用許可とし、その適用期間を3年以内と定めたのです。
ここで問題が起きなければ再許可を下すことが可能としていますが、3年以内に問題が起きた場合は、再許可が下りないという事になります。

 

また、農地に立てる支柱と言うものは簡易な構造であり、容易に撤去が出来るとしています。
尚、1年に1度の割合で農産物の生産に支障が生じていない事を報告することが義務付けられているのが特徴です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る