農業と太陽光発電をシェアするソーラーシェアリング

ソーラー・シェアリングとは、農業と太陽光発電をシェアしようという発想です。したがって、太陽光発電と農業を併用させるという考えになります。農産物を栽培する場合に、光飽和点という現象があり、農作物の多くが、光飽和点を持っています。したがって、光飽和点を超える太陽光エネルギーは、農作物にとっては不要なものといえます。そこで、光飽和点を超える太陽光エネルギーの有効活用を図り、太陽光発電を行おうというものです。

???? Vol.68 ?????????

太陽光発電には、広い敷地が必要なため、農作物を作っている土地に、太陽光パネルを設置して、発電させれば、太陽光発電事業を後押しできます。このような利用形態は、昔であれば、農地の転用として許可されませんでしたが、2013年3月31日からは、農林水産省から許可されることになりました。したがって、今後は、農業と太陽光発電事業が同じ土地の上でシェアされるようになります。また、農業の高齢化に伴い、畑の山林化の進展があります。このような土地を太陽光発電事業に結びつけることが可能であれば、土地の有効活用ということでも良い方向に向かうと考えられます。このような土地の利用形態で、土地の利用権(地上権設定など)などの権利関係の設定などにも興味があるところです。

TOPへ戻る